悩み

現代アジアの悩み

現代アジアの悩みは深いですね。
特に、貧富の差は激しくなっています。

 

日本でも、中流家庭が少なくなってきていると思いませんか?
アベノミクスと浮かれていますが、生活は良くなったでしょうか。
良くなった気がするだけだと思います。

 

今、問題になっているのは環境問題です。
地球全体が、ひどくなっています。

 

この状態を脱するには、私たちは何をすればいいのでしょうか。

基本的な問題点

経済発展と、グローバル化。
これらの元で、アジア経済社会は、近年急速に変化しています。

 

そのため、産業構造や貿易形態、企業のあり方自体も、大きな変化を遂げいています。
特に、中国の電子産業や、アジア全体の農業と、産業との比較
対比による、生産、流通、貿易が、どのように変わって来たのかを、データをもとに検証していく必要があるでしょう。

 

企業行動における、理論。統計データや、実務について、調べる必要があるでしょう。
今、劇的に変わりつつある現代アジアの問題点に焦点をあてて、
産業構造や競争社会のしくみなど、全体的に見ていく必要があります。

アジアの経済論、「平和の経済学」
こちらを読んだことがありますでしょうか?

 

世界経済の展開について、アジアでの役割がかかれています。
特に、2008年のリーマンショックが、それを象徴していますね。

 

リーマンショックによる、世界金融危機が拡大しなかったのは、中国経済が支えたからでした。
中国経済が、自国の記事を抑えるために、大規模な財政投入したことはご存知でしょうか。
それにより、中国の内需が拡大したため、他の国は助かったのです。

 

今後、アジア経済が果たす役割が、どれほどのものかを物語っています。

 

アジア経済、グローバリぜーション、FTA(自由貿易協定)、APEC(アジア太平洋経済協力会議)
WTO、ASEMの(アジア欧州会合)

 

これらの、問題点と役割を分析する必要があります。
さらに、これからもっと大きな営業を与えるようになるのは、観光産業です。

 

日本でも、今後難しくなってくるのが、外国人労働者受け入れの問題です。
お金を借りる問題も、大きいです。

 

また、軍事的な緊張を強いられる「領土問題」
自由貿易経済・保護貿易主義と、アジアでは混在しています。

 

アジア経済による協力が、世界経済にとってカギとなってくるのが分かるでしょう。